猫、だけじゃない。


by momuzou000

話題の映画、だよね。

c0180959_2035139.jpg
作品名風立ちぬ
監督名宮崎駿

見てきました。
よい、よろしいです。

見る前は、批判記事ばかりが目に入り出来るだけ読まないようにしよと思ったけど
気になって仕方なかった。
見た人は面白いと行っているんだけど、映画通っぽいヒトは批判的・・・
面白くなかったらどうしよう、というのと、面白いって言ったらわかってないヒトってこと?
という無駄な見栄がありまして。
でも、見ず知らずのヒトの大壇に構えた意見より、隣にいる人の率直な感想を信じるべきだよな・・
とかとか見る前からとても力が入っていました。

見てよかったです。
結局、どんな批判記事先に読んでいたとしても、私はこれ、すごく満足したね。

まず、導入。
いい夢だ。さらに、これからの話がただの戦時中の悲惨さ&戦争反対プロパガンダ映画じゃないってのがわかった(要するにこれが一番心配だったんだよね、いま思うと)。あ、これ妄想なんだな、って。パヤオの妄想か〜、そういうことね〜って。安心。
気がついたら二郎さんの妄想にちゃんとすりかわっていたけど。

絵がキレイ。めちゃめちゃキレイ。今更だけど。
ポニョは「この波の表現が素晴らしい!」とかって評価されてて、いくら波がキレイでも話おもんなかったら意味ないじゃん、と思って・・・見てない(笑)
けど、絵だけでも見に行っていいくらいキレイ。
映像のイメージの変遷が素晴らしい。Queenのボヘミアン・ラプソディのわけのわからんメロディやPVの映像の展開が好きなんだけど、まああんな感じ。
自然とかの描写がキレイだけどめちゃめちゃリアルなんだろうな。
オオバコのアップとか、「あ、オオバコだ」以上。じゃなくて、あのオオバコを引き抜いて葉っぱをそっとちぎってスジだけ残す、という遊びをやりたくなってしまったし。だいたいオオバコなんて花のない雑草をアップにするあたりがとてもリアル。

あと、ダサくなくなった!
町山さんが風立ちぬを批評してて、気になったんで斜め読みして、まだ読み返してないんだけど。
肝心なことをセリフにしてない、とかしゃべらせない、とか言ってたような気がした。
で彼的にも評価も悪くなかったみたい。
この間、久々にラピュタ見てやっぱ面白いなー、王道だよなー、って思ったけど意外にストレートにシータが言ってるんだよね「人は土から離れては生きられないのよ!」って。作品のテーマを。
これちょっとダサいな、もっとクールに言えないのかよって今更ながらおもってたんだけど(ナウシカもそう)、この作品はそれがない。最後にカッペリーニさん(?名前忘れた)が二郎さんに、君はまだ生きないとね、とか言う程度。でもまわりの状況とか、ニヒルな友人とか、あまりに急な祝言とか、その状況とかそれと同時に描かれるわけのわからん妄想とかでなにか勢いが伝わってくるだけ。そう言えば関東大震災もあんなにあっさり描き終わってしまうとはね。普通は阿鼻叫喚の地獄絵図を描くだろうに。
とまあ、勝手に期待していたシーンがなくて。いろいろ裏切られたけど、要するに、戦争ものとかで出てくるべき(と思われている、または私が思い込んでいた)シーンやセリフがなくて、で、でもそれ以上に大変見応えがあったわけです。

とにかく大変よろしかったよ。
批判している人は、批判することでなにか感じることを訴えたいんだろうね。
いいと思う。
で、私は、大変よろしいと思ったということ。
http://matome.naver.jp/odai/2137713216734546901

永遠の0も読んでいるとおもしろい、ってのは確かに。
なんで戦時中の話って何年経っても作品がつくられるのか、ってのがいまだ分らないんだけど
出来上がった作品は、その時代に、なにかドラマや逆にだからこそ追い求めたい夢とかなにか感じることがあるんだろうな、と思いました。
不思議な飛行機を試作したけど、出来上がったのは零戦だった。

いままでのジブリ作品で
好き
 ラピュタ
 まじょたく

イマイチ
 トトロ
 生きろ!って言ってたヤツ

黒川さん、じゃりんこチエに出てきそうなキャラだったな。
 





キャプテンハーロックが実写じゃなくてほんとよかったよ。
by momuzou000 | 2013-08-31 20:00 | movie